HOME>レポート>抗がん剤の副作用について〜体に負担のない施術が誕生〜

抗がん剤の副作用について〜体に負担のない施術が誕生〜

女性

QOLアップに向けて

がんの治療を進める上では、五年生存率が一つの目安になると言われています。かつてに比べると五年生存率は格段に上がっていますし、がんから生還を果たす方が増えています。その要因と言えるのが抗がん剤ですが、それに付随する副作用を抑えられていることも重要な要素です。抗がん剤には強い副作用が付き物ですが、上手にコントロールすることが出来るようになりました。苦痛を伴うケースが減っているので、安心して治療を受けることが出来ます。免疫力や体力を維持することが出来ると、順調な治療計画を立てることが出来ます。再発をしてしまったがんに対しても、まだまだ治療方法があると言われています。がんを恐れる時代は終わっていますし、悲観をする必要はありません。

薬と医者

医師や看護師の役割

抗がん剤の副作用で最も神経を尖らせるのが、感染対策だと言われています。骨髄抑制がかかってしまうことで、白血球の数が極端に減ってしまうことがあります。赤血球や血小板の数も同様で、数値が半分以下になってしまうことがあります。白血球の減少には白血球を増やす薬がありますし、赤血球や血小板には輸血が有効だと言われています。感染のリスクを抑えることが出来ますし、貧血や止血に大きな役割を果たしてくれるのではないでしょうか。抗がん剤治療は一筋縄には行かないことばかりですし、がん以外の要因で命を落としてしまうことがあります。医師や看護師に相談をすることで、有効な副作用対策をしてくれるはずです。十分なサポート体制が敷かれているので、不安を感じることはありません。

広告募集中