>レポート>下肢静脈瘤の手術は難しくない〈知識を蓄えるのが先決〉

下肢静脈瘤の手術は難しくない〈知識を蓄えるのが先決〉

カウンセリング

様々な治療法

下肢静脈瘤は進行すると潰瘍が出来て皮膚が破れることもあります。また血管がコブのように浮き出るため、これがコンプレックスになる人もいます。また慢性的な足のむくみやだるさで長時間の歩行などが困難になることもあるのです。これらのような場合は治療や手術により症状を改善することができます。下肢静脈瘤を治すには硬化療法やストリッピング手術、血管内治療などがあります。硬化療法は静脈に薬液を注射して血管を固める方法です。固まった部分は自然に体に吸収されてしまいます。ストリッピング手術は足の付け根と膝の部分を切開しワイヤーを入れ静脈を引き抜く手術です。血管内治療はレーザーや高周波を使って血管を焼き切る治療法です。

患者

負担の少ない血管内治療

硬化療法は注射をするだけで下肢静脈瘤の症状が改善する治療ですが、大きな血管のコブにはあまり効果がありません。血管が細く浮き上がってクモの巣状になった場合や網目状になった症状の治療には効果的です。ストリッピング手術は足の一部を切開するので、手術前には麻酔をかけることが必要になります。また術後は痛みが残るため入院するケースもあります。血管内治療は切開することもなく、足の静脈にファイバーを差し込んで血管の内側から熱を加えて焼いてしまいます。ストリッピング手術の場合は全身麻酔が必要ですが、血管内治療は局部麻酔だけで済みます。日帰り手術で皮下出血もあまりないため下肢静脈瘤の手術は血管内治療を行うクリニックが増えています。

広告募集中